メインイメージ画像

貸し事務所の申し込みに必要なもの!

申し込みの際に、屋号や代表者の氏名、業務内容や取引先の銀行などの記入が、貸し事務所を借りる際には必要になります。法人であるならば、企業の登記謄本も必要になりますので、事前に用意しましょう。ビルのオーナーがこれらの書類を見て審査をして、問題なければ事務所を借りることができるはずです。指定日までに、保証金や不動産屋の手数料などを振り込んでおかなければならないので、これらも早めに用意をしておきましょう。

実際に契約する日には、会社の代表者の印鑑登録や会社の登記謄本、支払いを証明するための通帳のコピーなどを持参しなければいけないので、要るものを不動産屋に確認すると良いでしょう。不動産屋からも重要事項に関する説明があると思うのですが、自分自身でもちゃんと契約書をチェックし、納得をしてから捺印するようにしましょう。後々のために仲介手数料や保証金などの領収書はしっかり保管することをおすすめします。
事務所の引越しを行う際に、最も重要なポイントは、引越しのスケジュール管理でしょう。

イメージ画像

引越しの時にはするべきことが沢山出てくるでしょう。引っ越し先の事務所を探すことから始まり、内装工事の業者と相談したり、電話などの回線を手配すること、取引先や顧客などへの連絡、引越し業者への依頼など、引越しが終わるまで大変忙しくなります。円滑に作業を進めるために、日程の管理はちゃんとしておくことが必要です。事務所の移転について相談ができる専門家もいるので、中々手が回らないという人は利用してみてはいかがでしょうか。

新しい事務所に荷物を移し終わったら、今まで利用していた事務所の掃除や原状回復をしなければいけません。一般の住宅とは違い、クロスなどは借り手が張り替えることが大半です。こういった原状回復はそれぞれの物件によって義務範囲が変わりますので、先に契約書をチェックして準備しておくことが必要になってくるでしょう。