メインイメージ画像

事務所決定の大切なポイント

イメージ画像

新規の貸し事務所を決定する際に大切なポイントとなるのは、このオフィスが自分の事業にマッチしているかどうかといった点です。業種や客層によってエリアを考えることが必要ですし、集客率が大切な業種ならば交通の便が良いところを選ぶ必要があるでしょう。また従業員の数や設置する機材によってオフィスの広さを決めなければなりません。この先人数が増加する可能性があるのならば、少し広めのオフィスを探すのが良いかもしれません。

また業種に合った設備が充実しているかも大切なチェックポイントといえるでしょう。エアコンの数や電話回線の有無、トイレなども確認したいですね。事務所の場所によっては駐車場が必要になることもありますから、下調べは忘れないようにしましょう。そして実際に契約する際には、初めにかかる費用や使用する時の制限など、色々な点を確認しましょう。

一般の住宅を借りるよりも確認するべき点が多々ありますので、なるべく時間をかけて色々な物件を見学し、用意することが必要だといえますね。
新しい事務所に移転する際、大切なデータや機材を任せるわけですから、どの引っ越し業者に依頼するかは大切なポイントになってきます。何社かの業者に見積もりを依頼して比べてみたらいいでしょう。それぞれの業者によって、引越しの日程やコストなどが異なってきますので、比較したうえで最も都合がいいところを選ぶといいかもしれませんね。

またやりとりの中で迅速に対応するかどうか、きちんとしたレスポンスがあるかを見極め、そういったことを参考にしてもいいですね。引っ越し業者の他にも、引っ越しする時には新しい事務所内の工事をする業者を探しておくことも重要です。貸し事務所によってはビルのオーナーの指定業者がいることもあるのですが、そうでない場合は自分で業者を決めなければいけません。そういった場合も同様に、いくつかの業者と話をして見積もりを依頼し、それをもとにして選ぶようにすると良いでしょう。