メインイメージ画像

事務所の賃料改定方法

使い勝手のいい事務所を構える時に、賃料を基準にして決める人も多いはずです。このような人は、実際に契約をする時に賃料の改定方法について必ず確認しておきましょう。一般的には改正は契約を更新する時にすることが大半ですが、契約書にある賃料の項目に「甲の申し出によって」などと書いてある場合は注意しなければなりません。これはオーナー側の一方的な申し出だけで賃料を変えることができるとするものですから、もしも改定後の料金に満足できなくても文句は言えません。

借り手として安心なのは、両者の協議がなければ賃料の値上げを行えない、「甲乙協議」と書かれた契約書だといえます。後々のトラブルを避けるために、これらを確認することを覚えておきましょう。実際に契約をする際には不動産屋などが間に立って、双方が満足できる契約が結べるようにしてくれるはずですので、小さなことでも何かの疑問点があるのであれば、すぐに相談をして解決をすることが重要です。
事務所を引っ越しする場合、大事なデータや機材を任せるわけですので、どの引っ越し業者に依頼するかは大切なポイントとなります。

イメージ画像

いくつかの業者に見積もりを頼んで比べてみたらいいかもしれませんね。それぞれの業者によって、日程やコストなどは違ってきますので、それぞれを比べて最も都合がいいところを選ぶといいかもしれません。見積もりをするやり取りの中で迅速な対応をしてくれるかどうか、きちんとしたレスポンスがあるかをしっかりと見ておき、それらを参考にしても良いかもしれません。

その他にも引っ越しの時には新しいオフィス内の内装工事などをする業者を決めておく必要もあります。事務所によってはオーナーが指定する業者がいる場合もありますが、そうでないケースは自分で業者を選択しなければなりません。その場合も同様に、何社かの業者に相談をして見積もりを頼んで、それをもとに決めていくようにすると良いかもしれませんね。