メインイメージ画像

新たな貸し事務所を検索!

いくつかの交通の良い新たな貸し事務所を大阪で検索する場合、こだわりのポイントで検索してはどうでしょう。ここ最近事業が多岐にわたり、貸し事務所も多くの事務所が展開されています。印象を良くしたいビジネスのためにデザイナーズ物件、ロハス調物件、最上階物件が人気を博していますし、完全バリアフリーが完備された物件などとても多くの物件から検索が増えています。建物の印象が企業イメージに沿っていなければちぐはぐなイメージを与えますから、御社のビジネスコンセプトを自ら事務所の建物で表現することが必要です。

イメージ画像

事務所に入居していて更新時期を初めてする場合の留意点をまとめてみましょう。もし継続して入居をしたい時は、先に自動更新なのか、契約更新の事前連絡が必須なのか調べておきましょう。契約更新では一般的に、毎月の家賃とは別個に更新料や保証料を支払わなければなりません。契約内容によって異なりますが、大体2ヶ月程度の賃料の額であるケースが主流のようです。

さらに、契約更新時には次回の更新までの間の賃料の金額の変更が法律で認められているので、賃料が変わっていないか注意しておくようにしましょう。
事務所選びで見落としてしまうのが、セキュリティレベルについてです。事務所というのは深夜など社員が不在の時間が外から見て分かるため、事務所荒らしに遭いやすいと言えるからです。その上、長期間、肝心の顧客の情報や備品など信用に関わるものを管理する上で、もしものことが起こったら会社の名前に傷がつき、事務所復旧のための費用面での損傷も深刻なものになるでしょう。

まずは信頼出来るセキュリティを導入している物件か、または後から設置可能な物件かチェックしておくことです。
事務所のレイアウトを検討する時、どういった点に注意したら良いか考えてみましょう。事務所に通勤するスタッフの人数やオフィス家具のボリュームは勿論ですが、クライアントの来社はありそうか、打ち合わせスペースが何室程度欲しいのか、向後増員の採用計画があるのか、何年間使う必要があるのか予め整理しておくことです。レイアウトの工事業者は事務所の大きさと使用人数をもとにレイアウトのモデルを多数用意していますから、自分たちの希望がまとまったら一度見積もりヲ出してもらうとぴったりのアイデアがもらえるのでおすすめです。