メインイメージ画像

大阪で事務所を移転するなら!

現在の貸し事務所を大阪で移転する前に、どの業者を起用すべきか比較しましょう。貸し事務所の引っ越しにはかなり多くのタスクと沢山のコストが関わってくる為、業者の検討はとても大事なポイントです。複数の引っ越し業者にオフィス移転の概要を伝えて、見積もりの依頼を出すことです。業者によってどんな工程まで請け負うことができるのか、また、移転費用も大きく異なるため、移転業者ごとに総額でいくら費用を見込めばよいか比較が必要なのです。またその時には、見積もり依頼のやりとりの際、リプライのスピードもチェック対象にしましょう。

事務所で設置するオフィス家具を探すのは大変な労力ですね。事務所引っ越しの際の初期費用はなるべく安価で済ませたいですよね。賃貸にはオフィス家具が付いた物件も多いですし、リース商品を使う案、また、中古や激安のオフィス家具を活用するという考え方もあります。この方法でしたら、移転後運営する中で作業動線やスタッフの増員に沿って内装を変更しても金銭面で追加コストが非常に少なくて収まるのです。

イメージ画像

その中でもリースは不要な家具の処分等の労力が不要で、大変利便性が高いです。
事務所選びで忘れがちなポイントが、セキュリティの問題です。事務所であれば深夜など社員が不在の時間帯が外からもわかってしまうため、被害に遭いやすいと考えられます。また、先々に大事な顧客リストやPC機器など大切なものを厳重に管理していくにあたり、もしもの事態があった場合、会社の名前に傷が残り、復旧のための経済的なダメージも大きくなります。

必ず、確かなセキュリティを導入している建物か、そうでなければ自分たちで設置可能な物件か確認しておくことです。
事務所を移転するときの諸経費の内容を考えてみませんか?どの規模の事務所に移転するにしても、必ず生じる費用とそうではないコストがあることを知っていますか?必ず掛かるコストとは、敷金や礼金、不動産業者への仲介料など、契約をしたら賃料のおよそ数カ月分を先に支払うものです。そして、必ずしも必要ではないコストとしては、内装の工事費用やオフィス機器など、ビルの改装についてのコストがあります。建物の改装については、バジェットを割いて大幅に手を加えていくのか、既存のレイアウトを使って費用削減するのかはバジェット次第で決められます。